アカウント登録

ホームページ > AVDとは > 会社概要

秋田微電子会社概要

     深圳秋田微電子株式会社AVDと略称する)は液晶表示装置及びその付属品の研究開発、設計、生産及び販売を専門とするハイテク企業であり、全世界範囲の人機インターフェースとスマートコントロール製品のワンストップサービス業者となることに力を尽くしております。取引先のために標準カスタム化タッチ表示パネルの全体の解決案を提供しております。製品は主に工業制御、医療、スマート家電、電気メーター、計器メーター、ヒューマンインターフェース、車載表示、その他の情報端末分野に広く使われています。

     会社は主に中小サイズの液晶ディスプレイ(LCD)、単色とカラー(TFT)液晶表示モジュール(LCM)、静電容量式タッチパネルCTP)及び表示制御システムを提供しています。さまざまな顧客のニーズを満たすために、市場の急速な変化により柔軟に対応するために、当社は多様な製品ラインを構築しており、産業基地は深圳、東莞及び贛州などに分布し、中国華南、華東、華北、台湾、ヨーロッパ及び北米などにマーケティングネットワークを設置しています。 

     会社は製品の品質を企業生命線として、科学的で厳格な品質管理システムを創立しました。国際権威機構のドイツTTVとフランスBVの審査を通して、ISO 9001IAT F 6949ISO 14001IECQQC 0800、知的財産権などの体系認証を獲得しました。革新で発展を求め、品質で生存を求め、管理で利益を求めているのはAVD社員達が人常に求めている経営目標と管理方針です。会社は一貫して科学技術の革新、人を基本にして、関係者が共に勝ち、持続的に改善しますを核心の価値観にして、ファッションの科学技術を指導して、知恵の生活を創建して、環境保護の理念を実行するのが最高の経営の目的です。

     秋田微はずっと技術研究開発の投入、実験設備の完備、研究開発チームの建設を重視しています。多くの発明特許と実用新案特許を持っています。先進的な生産設備、多元化の製品ラインと知能検査設備に頼って、お客様にオーダーメードのタッチパネル表示全体の解決案を提供することができます。十分な技術力と高素質の研究チームによって、会社は既存の製品の改善と新製品の研究開発を積極的に展開しています。将来、会社はタッチパネル表示制御モジュールの分野ですでに確立された競争優位に頼って、新型の表示技術応用、液晶デバイスの光電分野での応用及びタッチ制御一体化多シーン応用解決案を研究開発します。最終的には、全世界のパーソナルインターフェースとスマートコントロール製品のワンストップサービス業者になることに力を尽くしています会社の持続的な健康発展を促進する。

深セン工場

深セン工場

深セン秋田微電子株式会社(略称AVD)2004年に設立されました。深セン市竜崗区にあります。工場の総敷地面積は30000平方メートルで、従業員は1000人余りです。TFTカラー表示モジュール、静電容量タッチパネル、組込み表示システム製品などの生産ラインを持っています。 
カン州工場

カン州工場

カン州市秋田微電子有限公司は深圳秋田微電子株式会社の全額出資子会社です。カン州市章貢区水西有色冶金基地に位置しています。その敷地面積は81ムーで、2016年に完成した一期工場の敷地面積は53000平方メートルで、建築面積は50000平方メートルで、すでに2.5世代の全自動化液晶生産ライン2本及び複数のCOG/COB組立ラインが建設されました製品はTN LCDSTN LCDPMVA LCDCOG/COBモジュールを主とする。

東莞工場

東莞工場

東莞励成電子有限公司は深圳秋田微電子株式会社の全額出資子会社です。東莞市東城区桑園金玉嶺工業区に位置しています。敷地面積は5000平方メートルで、工場の面積は5000平方メートルで、従業員は400人あまりいます。